栄養管理部

部門のご紹介

 病院の管理栄養士は、病気の予防・治療としての栄養評価・栄養治療・栄養食事指導および健康増進のための情報発信など、患者さんと向き合った臨床栄養管理の実践と、診療を支援することを目指しています。

栄養管理業務について

  1. 医師の指示に基づき、腎臓食、肝臓食、糖尿食、膵臓食、消化管術後食などの食事療法や、食習慣改善について栄養食事指導を実施しています。個々の患者さんにあわせ、治療に必要な食事のとり方について具体的にアドバイスさせていただきます。管理栄養士が食生活における不安や疑問にお答えし、食事療法への理解を深めるお手伝いをしています。

    【栄養相談のご案内】
    栄養相談室では、食習慣改善のための栄養相談を行っています。
    目指しているのは、患者さんとの信頼関係です。教科書通りの指導にならないように、個々に対応した説明を、分かりやすく実行しやすい方法を考えながら、結果が出ればともに喜び、辛い時はともに励ましあえる栄養指導を目標にしています。

    ○ 外来栄養指導:月曜日~金曜日:要予約(各患者 :1回/月実施可)
    ○ 入院栄養指導:月曜日~金曜日:要予約(入院中 に2回)
    ○ 集団栄養指導:糖尿病教室(月1~2回)、母親学級(奇数月第3水曜日)
    栄養相談

  2. 食事は治療の一環として重要な役割を担い、同時に入院中の患者さんにとっては楽しみのうちの一つでもあります。糖尿病や高脂血症(脂質異常症)、高血圧症などの生活習慣病や、腎臓病などの治療には食事療法がとても重要です。そのためには、個々の患者さんの病状に応じたきめ細かな対応が必要となります。「安全で安心した美味しいお食事」が継続的に提供できるように、一同励んでいます。
    調理風景

  3. 栄養管理業務として、医師や他の医療スタッフと一緒に栄養サポートチーム(NST)や、スキンケアチーム、生活習慣病チームの一員としてチーム医療を行っています。管理栄養士の立場から患者さん個々の栄養状態に応じた提案を行っています。

認定資格

  • 糖尿病療養指導士1名
  • NST専門療法士1名

栄養サポートチーム(NST)

 人は口から食べ物をとってそれを栄養として生きています。しかしその当たり前のことがなんらかの原因で出来ない、あるいは食べる量が減ってきた患者さんに、その原因や栄養状態を把握し適切な栄養投与(経口栄養の支援、経腸栄養、静脈栄養)によって全身状態の改善を行います。
 NSTは、病態管理をする医師、患者さんのそばにいて一番患者さんの状態を把握している看護師、必要量や摂取量を評価し食事を調整提供する管理栄養士、薬の副作用・薬効・点滴などの管理をする薬剤師、摂食嚥下機能評価を行う言語聴覚士、検査結果を通して栄養状態を分析する臨床検査技師などの各専門スタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い最良の方法で栄養支援するチームです。

栄養サポートチーム

スキンケアチーム

 栄養状態は褥瘡の予防や創傷治癒に大きく関わります。管理栄養士は栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かを判定し、補助食品やNSTの介入を提案します。

生活習慣病チーム

 生活習慣病教室での食事の話や、かえで通信での情報提供など、他職種のスタッフと共に、糖尿病を中心に、患者さんをエンパワーメントできるように活動しています。

かえで通信
>>かえで通信バックナンバーはこちら