薬剤部

部門のご紹介

 薬剤部では、患者さんを中心に考えた医薬品の適正使用を推進し、より適切で安全な薬物療法の提供を心がけています。そのため、専門的知識の習得と技術の向上に努め、薬剤在庫管理や薬品の運搬などSPD(Supply Processing Distribution)スタッフと連携することで、より薬剤業務に集中し患者さんに質の高い薬剤管理指導が行えるようにしています。これらの業務に加えて、高度な医療を実践する為に、様々なチーム医療へ参加しています。医療スタッフへの医薬品情報の提供を行い医療安全の実現にも力を入れています。更に、学生の実務実習の受け入れも行い、地域に根差した医療の提供と薬剤師の育成にも力を入れています。

基本方針

・患者さんやご家族に信頼される安全で質の高い薬物療法を提供します。
・将来をになう薬剤師の育成に努めます。
・地域の医療機関や薬局と連携し地域貢献をめざします。

 

業務内容

調剤業務: 医師の作成した処方箋に基づき、鑑査システムも活用して、用法、用量、相互作用、重複投与などを確認し、疑義があれば、医師に確認・相談し医療安全に配慮した調剤を行っています。また、一包化シムテムや薬袋発行システムを電子カルテシステムに連動させ業務の効率化を図っています。
病棟薬剤管理業務: 入院患者さんに行われている薬物療法が適正かどうかを確認し、患者さんが安心して治療が受けられるように薬の説明や有害事象の早期発見に努めています。カンファレンスにも積極的に参加し、情報共有に努めています。
注射薬剤業務: 医師の作成した注射箋内容(投与量、投与経路、投与速度、配合変化を確認し、SPDスタッフと連携し注射薬を患者さん毎に施用単位ごとにセットして払い出し安全面に配慮しています。
抗がん剤無菌調製業務: 個別に抗がん剤の調整を安全キャビネットにて行い、安全・正確に調製を行っています。患者さんの状態、副作用の状況により薬学的介入を行っています。
医薬品情報管理業務: 薬に関する情報を収集・整理・管理し、必要な時に医師や看護師など医療スタッフ及び患者さんに医療安全の観点から情報を提供しています。


















チーム医療

より高度な医療を実践する為に、チーム医療へ参加しています。
当院の薬剤師はその専門知識を取得し院内の様々なチーム医療で活躍しています。

医療安全: 自院や他院の医療過誤事例などを収集・評価し、当院における対策を立案、教育をしています。
緩和ケア(PCT): オピオイドを含む鎮痛剤や鎮痛補助剤の使用方法を他の医療スタッフにレクチャーし適正使用を推進しています。
褥瘡: 回診に同行し、薬剤の適正使用について情報提供しています。
感染制御(ICT): 院内で起こる様々な感染症の治療から拡大防止に積極的に関わり医療スタッフや患者さんの安全を守る対策を行っています。
栄養サポート(NST): より安全かつ有効な栄養療法を行う為に、経静脈・経腸栄養剤の適正使用を提言しています。
糖尿病教室: 外来・入院に関わらず患者さんに対して教育・指導をしています。
外来化学療法: がん患者さんの状態に応じて適切な治療を提供する為の検討会にも積極的に参加しています。
 

地域での活動

 地域の薬剤師と連携し、退院時にスムーズな介入が行えるように努めています。医療施策で「地域連携」が最重要課題の1つと位置付けらています。病院薬剤師と薬局薬剤師の連携も例外ではありません。医薬分業が70%を超えた近年では、薬薬連携はますます重要性を増しており、継続的な薬物療法が必要な患者さんに対しては、切れ目のない薬剤管理指導が質の高い医療へとつながります。
・入院時には、持参薬剤の確認を行い、必要に応じて院外薬局に持参薬についての問い合わせを行っています。
・退院前には、他職種も交えて患者さんの生活の細部に渡ってきめ細やかな調整、支援を行っています。
・退院時には、お薬手帳を用いて調剤薬局に患者さんの情報提供を行い、退院後の生活支援を行っています。
・おしかけ出前講座 地域の皆さまに病気の予防や早期発見・早期治療の大切さを再認識して頂く為、薬剤部でも講座を開催しています。

H29.4.13 薬の扱い~飲み合わせ、使用上の注意等 旗ヶ崎いきいきサロン 16名参加
H29.5.17 薬の扱い~飲み合わせ、使用上の注意等 博愛苑 18名参加




医療機器

処方鑑査システム  薬剤管理指導業務支援システム  散薬調剤鑑査システム
がん化学療法支援システム  クリーンベンチ  バイオハザードベンチ
医薬品情報検索システム  病院情報データ検索・分析システム 注射調製室
薬剤情報提供システム  医薬品管理システム

スタッフ

薬剤師6名 非常勤薬剤師1名 事務2名


認定資格

日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 4名 
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 2名 
医療薬学会認定 がん専門薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名 
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1名 
日本静脈経腸栄養学会 NST専門療養士 1名 
日本糖尿病療養指導認定機構 糖尿病療養指導士 1名

学会発表

孝田佳子、上村香菜子、大谷豊司、秦英司、長谷川一将、塚田絵梨、森木邦明、高根浩、島田美樹
シスプラチン療法の水分負荷により高カリウム血症をきたしコントロールに苦慮した一症例
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 (岡山)2016.11.5-11.6

大谷豊司、秦英司、岩井ちさと、長谷川一将、栢木啓介、高根浩、島田美樹
ベバシズマブ投与による蛋白尿の出現とその患者背景因子について
第26回 医療薬学会年会(京都)2016.9.17-9.19

上村香菜子、大谷豊司、秦英司、岩井ちさと、長谷川一将、栢木啓介、安達真紀子、
塚田絵梨、森木邦明、高根浩、島田美樹
シスプラチン投与時の水分負荷による血清カリウム値の変動について
第26回 医療薬学会年会(京都)2016.9.17-9.19

岩井ちさと、大谷豊司、秦英司、長谷川一将、栢木啓介、高根浩、島田美樹
アプレピタント併用下でのパクリタキセル+カルボプラチン(TC)療法がワルファリン内服患者のPT-INRに及ぼす影響の調査
日本臨床腫瘍薬学会(鹿児島)2016.3.12-3.13

田中裕子、廣岡由美、細谷恵子、村田陽子、大谷豊司、渡邊美保、松居真司、門永太一、松岡祐樹、高木雄三、春木朋広、三和健、荒木邦夫、谷口雄司、中村廣繁                                                                                                                                                      
当院におけるエリブリン使用経験
第23回日本乳がん学会学術総会 2015.7.2-7.4

大谷豊司、村川公央、野村政孝、泉谷悟、田中裕章、河添仁、玉木宏樹、中村敏巳、木平健治
がん化学療法における悪心・嘔吐の実態調査
第52回癌治療学会(横浜)2014.8.28-30

加藤淳一、角道雄、佐野晴美、桜井晶子、星野和義
終末期がん疼痛治療に対する医療用麻薬使用状況調査
日本緩和医療薬学会 2013.9.15-9.16

泉谷悟、村川公央、野村政考、大谷豊司、中裕章、河添仁、玉木宏樹、中村敏巳、木平健治
がん化学療法における悪心・嘔吐の実態調査-中間報告-
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会(仙台)2013.8.29-8.31

加藤淳一、角賢一、濱田厚子、拝藤倫子、石橋佐智子、桜井晶子、角道雄、星野和義
がん終末期における医療用麻薬注射剤使用患者の在宅療養支援への薬剤師の関わり
日本緩和医療学会(横浜) 2013.6.21-6.22

長谷川一将、佐々木七瀬、森木和代、小川勝弘、涌嶋伴之助、大谷豊司、金田達也、椎木芳和、高根 浩、大坪健司
外来レナリドミド治療における薬学的管理シート導入の評価
第50回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(高松)2011.11.12-11.13

大谷豊司、秦 英司、涌嶋伴之助、森木邦明、岩井ちさと、佐々木七瀬、長谷川一将、栢木啓介、椎木芳和、高根 浩、大坪健司、八島一夫、奈賀卓司
治療抵抗性膵臓がん・胆道がんに対するGEMOX療法の認容性
第21回日本医療薬学会(神戸)2011.10.1-10.2

秦 英司、栢木啓介、大谷豊司、椎木芳和、高根 浩、大坪健司
閉鎖式投与システム(ケモセーフR、ChemoCLAVER)を使用した抗がん剤曝露軽減への試み
第21回日本医療薬学会(神戸)2011.10.1-10.2

大谷豊司、秦英司、涌嶋伴之助、森木邦明、岩井ちさと、佐々木七瀬、長谷川一将、栢木啓介、椎木芳和、林原正和、大坪健司、堅野国幸
FOLFOX/FOLFIRI療法を中心とした5-FU関連血圧上昇とその要因に関する調査検討
第20回日本医療薬学会(千葉)2010.11.12-11.14

加藤淳一、角賢一、角道雄、中山卓、岩田雅子、大谷聡子、松岡まゆみ
CADD PCAポンプを利用した医療用麻薬注射剤の使用経験-HPNへの応用を見据えて-
日本病院薬剤師会中国四国学術大会 2010.11.6-11.7

【原著論文】
大谷豊司、秦 英司、涌嶋伴之助、森木邦明、岩井ちさと、佐々木七瀬、長谷川一将、栢木啓介、椎木芳和、林原、大坪健司、堅野国幸: FOLFOX/FOLFIRI療法下患者の血圧上昇. 医療薬学37(6)327-333(2011)

・薬学生の施設見学は随時受入しています。ご興味のある方はお申込み下さい。
・患者さん向け「お薬相談」も受け付けています。