内科

診療科のご紹介

消化器内科(含む肝臓内科)
  •  消化管(食道、胃、腸)疾患、肝・胆・膵疾患の診断と治療
循環器内科
  • 虚血性心臓病(心筋梗塞や狭心症)、心不全、不整脈などの心臓疾患の診断と治療
呼吸器内科
  • 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、肺がん、肺炎などの呼吸器疾患の診断と治療
  • 禁煙外来についてはこちらをクリック
糖尿病内科
  • 糖尿病を含めた「生活習慣病」に対し、専門医師、管理栄養士、薬剤師、看護師がチームを組み、治療、予防、支援、相談にあたっています。
内分泌内科
神経内科
  • 脳卒中(脳血管障害)、神経変性疾患、頭痛、めまいなど神経内科疾患一般の診断と治療
人工透析内科

外来診療担当医

診療担当医表アイコン

消化器内科のご紹介

当院の消化器内科は、複数の日本消化器病学会の専門医、指導医が診療を行っており、日本消化器病学会の認定施設です。また、日本消化器内視鏡学会の専門医、指導医の有資格者もおり、日本消化器内視鏡学会指導施設でもあります。このような専門スタッフで、食道、胃、大腸疾患の診断と治療、肝・胆・膵疾患の診断と治療を行っています。



CTCのご紹介カプセル内視鏡のご紹介

胃がん

最先端の内視鏡システムを用いて、早期胃がんの内視鏡的治療を行っております。
内視鏡的治療をすることで、お腹を切って手術することなく治療が可能です。
 

 

肝臓病(B型・C型肝炎)

最新のエコー装置や、CT・MRI検査を用いた診断を行います。B型・C型肝炎については、必要に応じて、肝臓の組織を採取し、組織診断を行い、内服薬による治療を行います。

大腸がん

従来の大腸内視鏡検査や大腸レントゲン検査に加えて、CTを用いた大腸検査(CTC)や大腸カプセル内視鏡検査をいち早く導入しました。症例に応じた適切な方法で大腸疾患の早期診断を行い、内視鏡治療を行っています。


このページの先頭へ

 


呼吸器内科のご紹介

呼吸器疾患は、加齢、生活環境 生活習慣と密接に結びついており、今後、ますます増加する傾向にあります。呼吸器疾患は、かぜ症候群、インフルエンザ 急性気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症や、気管支喘息などの免疫・アレルギー性肺疾患 慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの気道系疾患、特発性間質性肺炎などの肺間質の病変である間質性肺疾患、肺癌などの腫瘍性疾患、胸膜炎などの胸膜疾患 睡眠時無呼吸症候群などの換気障害、肺高血圧などの肺循環障害など疾患の種類が多いのが特徴です。

主な疾患

かぜ症候群 急性気管支炎 肺炎 肺結核 非結核性抗酸菌症 肺癌 気管支喘息 慢性閉塞性肺疾患 間質性肺炎 胸膜炎 慢性呼吸不全 睡眠時無呼吸症候群

治療について

各種疾患に対し、主として血液検査 喀痰検査 胃液 胸水検査ならびに 胸部レントゲン写真 CT MRIなどの画像にて診断させていただきます。必要があれば、気管支鏡検査も施行させていただいております。慢性閉塞性肺疾患 肺結核後遺症などによる慢性呼吸不全に対しましては、在宅酸素療法、在宅人工呼吸器療法を施行させていただいておりますし、睡眠時無呼吸症候群に対しましては、在宅持続陽圧呼吸療法(CPAP)を施行させていただいております。また、外来にて呼吸器のリハビリテーションも施行させていただいておりますので、お気軽にご相談下さい。

禁煙外来も行っております。こちらをクリック

このページの先頭へ 

糖尿病内科のご紹介

糖尿病、脂質異常症を中心に、メタボリックシンドローム、高尿酸血症、甲状腺機能異常などの代謝内分泌疾患の診療を行っています。診察は生活習慣病センターで行っています。

>>生活習慣病センターの紹介はこちらをクリック

主な疾患

1型糖尿病、2型糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドローム、高尿酸血症

糖尿病診療について

検診で糖尿病が疑われた場合の精密検査、糖尿病と診断された場合の治療方針の説明と指導を行います。2型糖尿病の方は、原則的に食事療法と運動療法から治療を始めます。経過により内服薬治療を選択することもあります。
入院は初期に行う教育入院と合併症の治療のための入院があります。糖尿病は全身疾患であり、特に神経障害や網膜症、腎症、壊疽、動脈硬化性疾患の合併が多く、肺炎や腎盂腎炎などの感染症や肝臓、膵臓疾患も併発することがあります。さらに、腎症が進行して、透析が必要になることもあります。合併症に対処するためには、他の専門医や眼科医とも協力して診療にあたります。根気よく長く付き合わなければならない病気ですので、主治医とよく相談しながら、自分にあった治療法を見つけていただくことが大切です。

糖尿病治療の基本図

このページの先頭へ 

神経内科のご紹介

  急性期から回復期、在宅まで


       ~神経疾患を幅広くサポートします~        

 神経内科では脳、脊髄、末梢神経、筋疾患の診断及び内科的治療を行っています。
 入院診療では、代表的救急疾患である脳血管障害(脳卒中)の救急診療、回復期リハビリテーション、在宅へむけての地域包括診療を中心に行っています。
脳梗塞超急性期のrt-PA静注療法も行います。
 外来診療では、頭痛、めまい、しびれ、認知症の診断・治療、慢性期脳血管障害の再発予防治療、神経難病の通院診療を主体に行っています。
 当院の神経内科は日本神経学会の専門医、指導医が診療を行い、日本神経学会準教育施設に認定されています。

神経内科の病気を疑う症状は?

 以下のような症状があるときは、神経内科の受診をお勧めします。 
頭の痛み
もの忘れ
手足などのしびれ
めまい
勝手に手足や体が動いてしまう、ふるえ(不随意運動)
手足の力が入りにくい(脱力)
歩きにくい、ふらつき、つっぱり
ものがのみこみにくい、むせる
しゃべりにくい、ろれつがまわらない
ひきつけ、けいれん
ものが二重に見える(複視)
意識障害

 これらの症状が見られたときには脳・脊髄・末梢神経・筋肉に関連する病気の可能性が考えられます。神経内科ではどこにどんな病気があるかを診断し治療を行います。また、診断によっては関連するその他の科(整形外科、他の内科、眼科)、他院(脳神経外科、精神科、心療内科、耳鼻咽喉科)に紹介したり連携して治療を行います。

脳卒中とは

 脳の血管がつまったり(脳梗塞)、破れたり(脳出血)して、脳の機能がおかされる病気のことをいいます。以下のような症状が突然起こります。

片方の手足・顔半分の麻痺・しびれが起こる (手足のみ、顔のみの場合もあります)
ろれつが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない
力はあるのに、立てない、歩けない、フラフラする
片方の目が見えない、物が二つに見える、視野の半分が欠ける
経験したことのない激しい頭痛がする
 !)このような症状があるときは一刻も早く受診することが大切です。


主な疾患名

脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患(神経難病)、アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症などの認知症、多発性硬化症・重症筋無力症などの神経免疫疾患、髄膜炎などの神経感染症、てんかん、末梢神経障害、筋疾患、頭痛、めまいなど

その他の特殊診療

1. 摂食・嚥下障害に対する診断と治療
  摂食・嚥下障害に対してリハビリテーションスタッフと協力して嚥下造影検査、嚥下内視鏡検査で嚥下機能評価を行い、摂食に関する指導を行っています。
2. 神経難病のレスパイト入院・訪問診療
  鳥取県難病事業で行われている神経難病のレスパイト入院を受け入れています。訪問診療も行っています。
3. 脳深部刺激(DBS)の調整・管理
  パ-キンソン病、振戦などに対して行った脳深部刺激の術後電圧調整、管理を行っています。
4. ボツリヌス治療
  上肢・下肢の痙縮、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸に対するボツリヌス治療を行っています。