外科

診療科のご紹介

         


 


 



消化器外科


日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会の専門医、指導医による消化器がんの手術や術後の抗がん剤治療を行っています。
また、胆石や早期胃がん、大腸がんの腹腔鏡下手術も導入し、患者様のニーズに応えています。
その他にも、直腸肛門疾患の診療や、消化器がんの末期患者様の在宅診療など、幅広い医療を提供しています。

肛門外科

 専門医、指導医による痔の治療や直腸脱の治療を行っています。また、注射(ジオン)による痔の治療も行っています。

乳腺外科

 当院はマンモグラフィ画像認定施設です。 50μmのフラットパネル方式の最新のマンモグラフィ装置を導入し、CAD(コンピュータ支援診断)も導入し診断の精度を上げています。また、乳がん診療(手術、抗がん剤治療)や、検診後の乳房精査を行っています。

  ○当院の乳腺センターの紹介ページもご覧ください。

胸部外科
血管外科

 下肢静脈瘤や動脈閉塞、血管外科の術後のフォローをしています。

外来診療担当医

診療担当医表アイコン

胃がん

 消化器内科と密に連携し、ガイドラインに基づいた手術を施行しています。腹腔鏡下手術も導入しており、低侵襲な治療も可能となっております。また、進行胃がんや再発胃がんに対する抗がん剤治療も行っています。

大腸がん

 消化器内科と密に連携し、内視鏡的治療が困難な大腸がんの治療を行います。
腹腔鏡下手術も導入しており、低侵襲な治療も可能となっております。また、進行大腸がんや再発大腸がんに対する抗がん剤治療も行っています。

胆石

 消化器内科と密に連携し、ほとんど腹腔鏡下胆のう摘出術を施行し、低侵襲手術を行っています。また、急性の胆石胆のう炎等に対しても、早期の腹腔鏡下胆のう摘出術を行っています。


腹腔鏡下手術とは、図のようにお腹を膨らませ、細長い鉗子を使って手術する方法です。
術後疼痛が少なく、回復が早い手術です。

 

直腸肛門疾患

 いぼ痔に対する4段階注射療法(ジオン注射)や、直腸脱に対する経肛門的手術を施行しています。