感染おじさんの感染情報

インフルエンザやノロウィルスについて、感染おじさんのちょこっとコラムがあるよ
感染おじさんの感染情報

鳥取県西部の詳しい感染症情報は鳥取県感染症情報センターのHPで確認できます。

>おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)ってどんな病気?(PDF)
>みずぼうそう(水痘)ってどんな病気?(PDF)
>A群溶血性連鎖球菌咽頭炎ってどんな病気?(PDF)
>RSウィルスってどんな病気?
>りんご病(伝染性紅班)ってどんな病気?(PDF) 
>プール熱(咽頭結膜炎)ってどんな病気?



感染おじさん ■感染おじさんのちょこっとコラム■
感染おじさんの感染病の豆知識をお伝えします。


●ノロウイルスのお話し

あけましておめでとうございます(●^o^●)
今年も感染おじさんをよろしくお願いします。

今年1発目の豆知識は、年末ぐらいから何かと話題になっているノロウイルスについて、興味ありませんか?

ノロウイルスって、冬にかかる病気のイメージがないですか?
実は、冬に限らず年中かかる病気なんですよ(*_*)
この病気はノロウイルスに感染した2枚貝を食べるとかかるんだ。2枚貝…つまりは牡蠣(かき)やシジミなどの貝のことだよ。

牡蠣イメージ
感染おじさん5日本人は寒くなると、鍋が食べたくなる習慣があるよね。
これこそが冬場にノロウイルスが多くなる原因なんです。ノロウイルス感染した牡蠣(かき)inの牡蠣鍋を食べるからなんだ(@_@;)!!
ノロウイルスは80℃で10分の加熱、もしくは85℃以上で1分以上の加熱で感染力が無くなるんだけど、そんなに加熱しちゃったら牡蠣(かき)の身が…ちっちゃくなっちゃた、ってことになるんだよね。
硬くなった牡蠣(かき)なんて美味しくないけれど、ぷりっぷりのノロウイルスに感染した牡蠣(かき)を食べるか、カッチカチになるまで加熱した牡蠣(かき)を食べるかはあなた次第…。
美味しいものも良いけれど、体には気を付けようね!

●インフルエンザのお話し 
この頃、急に寒くなってきたね。感染おじさんはこの時期になると『インフルエンザの時期がくるなぁ』って思うんだ。
そこで、今回はインフルエンザのちょこっと豆知識を紹介するよ。

インフルエンザにはA型インフルエンザ、B型インフルエンザがあることは、よく知られているけど、C型インフルエンザもあるって知ってた?知らなかったでしょう!
でも、C型インフルエンザってあんまり流行したことがないんだ。
そんでもって、このA、B、C型のどれにも当てはまらない新種のインフルエンザを新型インフルエンザってよんでいたんだ(現在は新型とは言わないよ)

インフルエンザとワクチンは鍵と鍵穴の関係に似ている?
インフルエンザの型は遺伝子構造の違いで決まってるんだけど、同じA型でもAソ連型とA香港型って言うのがあって、Aソ連型ワクチンを打ってもA香港型のインフルエンザを防ぐことはできないんだ。型が合わないとワクチンを打っても意味が無いんだ。なんか鍵が合わないと扉を開けれない鍵穴の関係に似ていると思わない?
今シーズンのワクチンはA型+B型+新型ワクチンの3種混合ワクチンだから予防接種をしておけば全く予防できないってことはないんじゃないかなぁ 。

予防接種をいつ受けるべきか?
一般的にワクチンを打ってから約2週間後に免疫抗体(体にウイルスが入っても病気になりにくくする物質)が作られるといわれてて、インフルエンザが流行りだすのが毎年11月~12月頃だから、できれば、11月の中旬までには1回目の予防接種をしておいた方がいいかな。2回目の接種は約4週間あけてからした方が、より予防効果が高いんだよ。
ただ注意してほしいことは、予防接種をしたからって必ず病気にならないわけじゃないし、ず~っと予防効果があるわけじゃないんだ。予防効果は接種してから、約4ヶ月ぐらいしかないんだ。仮にその間に、インフルエンザに罹ったとしても、予防接種をした子としていない子では、病気の重症度に違いがあるみたい。予防接種をした子の方が軽症で治る場合が多いんだって。
そう考えたら、予防接種はした方がいいような気がするな(あくまで感染おじさんの考えですよ)

博愛病院でも予防接種をしてるから気になったら気軽に相談してみてね!

感染おじさん  気になる症状が出たら、博愛病院に相談しに来てね。

 

博愛病院  感染対策委員会