療養病棟のご案内

 当院はこれからの高齢化社会に対応し、地域医療を充実させるため、療養病棟を設置しております。
 これによって、急性期医療とともに後方支援体制(療養医療並びに在宅医療)を有する医療機能を充実させることにより「急性期医療を中心に―回復期―療養医療―在宅医療―予防医療」の一貫した体制の役割を担っていけるものと考えております。
 引き続き地域医療のために全力を挙げて取り組みますので、よろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------------------

【療養病棟とは】

 急性期医療の治療を終えても、引き続き医療提供の必要性が高く、病院での療養が継続的に必要な患者さんを対象にご利用頂く病棟です。
 このような慢性期の患者さんに対し、厚生労働省の定めに従い、医療の必要性に応じた医療区分及びADL自立度(日常生活自立度)の視点から考えられたADL区分による包括評価をすることになります。療養病床は、主に医療区分2~3などの医療必要度の高い患者さんを担当し、退院に向けて療養する病棟です。


【医療区分表】

 医療区分3 
 疾患 スモン
 状態 医師及び看護職員により、常時、監視及び管理を実施している状態
中心静脈注射を実施している状態
24時間持続して点滴を実施している状態
人工呼吸器を使用している状態
ドレーン法又は胸腔若しくは腹腔の洗浄を実施している状態
気管切開又は気管内挿管が行われており、かつ、発熱を伴う状態
酸素療法を実施している状態(密度の高い治療を要する状態に限る。)
感染症の治療の必要性から隔離室での管理を実施している状態
 医療区分2 
 疾患 筋ジストロフィー症
多発性硬化症
筋萎縮性側索硬化症
パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ三以上であって生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度の状態に限る。))
その他の指定難病等(スモンを除く。)
脊髄損傷(頸椎損傷を原因とする麻痺が四肢全てに認められる場合に限る。)
慢性閉塞性肺疾患(ヒュー・ジョーンズの分類がⅤ度の状態に該当する場合に限る。)
悪性腫瘍(医療用麻薬等の薬剤投与による疼痛コントロールが必要な場合に限る。)
 状態 肺炎に対する治療を実施している状態
尿路感染症に対する治療を実施している状態
傷病等によるリハビリテーションが必要な状態(原因となる傷病等の発症後、30日以内の場合で、実際にリハビリテーションを行っている場合に限る。)
脱水に対する治療を実施している状態かつ発熱を伴う状態
消化管等の体内からの出血が反復継続している状態
頻回の嘔吐に対する治療を実施している状態かつ発熱を伴う状態
褥瘡に対する治療を実施している状態(皮膚層の部分的喪失が認められる場合又は褥瘡が2箇所以上に認められる場合に限る。)
末梢循環障害による下肢末端の開放創に対する治療を実施している状態
せん妄に対する治療を実施している状態
うつ症状に対する治療を実施している状態
他者に対する暴行が毎日認められる状態
人工腎臓、持続緩徐式血液濾過、腹膜灌流又は血漿交換療法を実施している状態
経鼻胃管や胃瘻等の経腸栄養が行われており、かつ、発熱又は嘔吐を伴う状態
1日8回以上の喀痰吸引を実施している状態
気管切開又は気管内挿管が行われている状態(発熱を伴う状態を除く。)
頻回の血糖検査を実施している状態
創傷(手術創や感染創を含む。)、皮膚潰瘍又は下腿若しくは足部の蜂巣炎、膿等の感染症に対する治療を実施している状態
酸素療法を実施している状態(密度の高い治療を要する状態を除く。)
 医療区分1 
 医療区分2・3に該当しない者