乳腺センター

乳腺センターのご紹介

 当センターは乳腺専門医が2名の体制で、乳がんをはじめ、乳腺の様々な病気の診断と治療を行っています。
 治療は、患者さまのQOL(生活の質)を最大限に考慮し、温存療法はもちろん、センチネルリンパ節生検・外来化学療法・術前化学療法などを行い、日々進化する乳腺診療に対応できる体制を整えています。
 乳がんの罹患率は今後さらに増えると予測されています。乳がん検診受診率の向上と適切な診断と治療で、乳がんで亡くなる方が減ってきたという日が来るよう、力を尽くしたいと思います。
乳腺専門医
乳腺センター紹介

診療案内

項目 受付 診察 水  木 
午前診 8時00分~12時00分 8時30分~
午後診 1時30分~ 4時00分 2時00分~4時00分

※印は、乳腺センターへお問い合わせください。
乳腺センターでは、患者さまの待ち時間をできるだけ少なくするために予約診療を行っています。
予約はお電話又は乳腺センター窓口で受付しております。
◎予約受付 平日午後2時~4時
 TEL(0859)29-1100(代) 乳腺センターをお呼び出しください。

高解像度装置で精度の高い画像診断

 乳腺疾患の多くは、マンモグラフィ・エコー・MRI・CTなどの装置を使って検査を実施します。
当院では、世界最小画素のデジタルマンモグラフィ装置(直接変換方式FPDとしては世界最小画素)と微小な腫瘍の発見に役立つ乳房診断システムを導入しており、精度の高い画像診断をご提供しております。
 また、当院は医師、技師、施設ともに「マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」の認定を取得しており、高水準の検査、診療を安心して受けていただくことができます。
マンモグラフィ装置と検査イメージ

乳がん画像

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会資格

乳腺エコー検診は女性の臨床検査技師が担当

 乳腺エコー検査は、20~40代の乳腺が発達した女性に適しているとされ、痛みがなく、授乳中や妊娠中でも検査できるなどのメリットがあります。所要時間は15分程度です。
 乳腺エコー検診は女性技師が担当し、患者さまの不安を和らげるため、BGMやアロマを使った温かいタオルを用意し検査にあたっています。
乳腺エコー検診スタッフ紹介