地域包括ケア病棟のご案内

 当院は、厳しい施設基準をクリアし、国から認可を受けて、地域包括ケア病棟を設置しております。
 地域包括ケア病棟とは、急性期医療を経過した患者さん及び在宅において療養を行っている患者さん等の受入並びに患者さんの在宅復帰支援等を行う機能を有し、地域包括ケアシステムを支える役割を担う病棟です。(2F病棟:51床)
 これまでは、一般病棟に入院されて症状が安定しますと、できるだけ早期に退院していただくことになっていました。しかし、もう少し経過観察が必要な患者さん、在宅復帰に不安がある患者さん、在宅復帰に向けて積極的なリハビリが必要な患者さんなどのために、当院では地域包括ケア病棟をご用意し、安心して退院していただけるようしております。

-------------------------------------------------------------------------------------------

地域包括ケア病床に入院されると?

 「在宅復帰支援計画」を作成し、主治医、看護師、専従リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーなどが協力して、関係機関との連携を図りながら患者さんの治療や在宅復帰支援にあたります。
 地域包括ケア病棟に入棟後60日以内を目標に在宅復帰を目指します。この間、退院に向けてのカンファレンスを数回予定しております。
 地域包括ケア病棟へ転棟していただく場合は、主治医等が判断し、患者さんやご家族にご提案させていただきます。

入室から退院までのながれ