小児科:夏風邪について

小児科スタッフがご案内するワンポイントアドバイスです!

小児科ワンポイントアドバイス

小児科ホームページへ

 夏に流行するウイルス感染症を一般に夏風邪といいます。
夏風邪のウイルスは高温・多湿を好みます。そのため梅雨時から夏にかけて流行します。
 一方冬に流行するウイルスは寒冷や乾燥を好みます。
 夏風邪の原因となるウイルスは、そのほとんどがお腹の中で増殖するため、治りにくいという特徴があります。
 夏風邪は、エコーウイルス、コクサッキーウイルスやアデノウイルスが主な原因ウイルスで、ヘルパンギーナや手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)などを起こします。
 一般に高熱、のどの痛み、せき、おう吐・下痢、目やに(眼脂)、発疹などが夏風邪で見られます。



外来診療担当医

診療担当医表アイコン

小児科ホームページへ