臨床工学部

部門のご紹介

 臨床工学部では患者様に安心して医療機器を使用していただけるよう保守点検を実施しております。また、生命維持管理装置を用いた治療では、医師、看護師をはじめ治療に係るスタッフと連携し安全な医療の提供を心がけています。また、日々進歩する医学、工学的知識の習得、技術の向上に努めるべく資格の取得、学会への参加、メンテナンス講習会の受講など積極的に行っております。

臨床工学技士のお仕事

 臨床工学技士は医学と工学の知識を持った専門職です。臨床工学技士は医師の指示の下、生命維持管理装置(人工呼吸器、血液透析装置など)の操作、医療機器の保守点検、院内のスタッフへ医療機器の研修を行います。

業務内容

機器管理業務

 院内で使用されている医療機器のメンテナンスを行っております。また、医療機器の修理も、メーカーより講習を受け可能な限り院内で修理を行い現場への早期返却ができるよう努めています。

血液浄化業務

 当院では透析装置20台、病棟などで使用する血液浄化装置が1台あり、血液透析療法、血液ろ過透析療法、血液吸着療法、白血球吸着除去療法を行っております。   透析室では透析液の水質、濃度測定、治療の準備、穿刺、透析治療の開始から終了まで患者様が安全に治療を行えるよう努めています。また、透析機器の保守点検を行っております。

呼吸管理業務

 当院では人工呼吸器6台、マスクで非侵襲的に人工呼吸を行う人工呼吸器2台保有しており臨床工学技士が管理しています。呼吸管理業務では患者様に安全に使用していただくため人工呼吸器の保守点検、ラウンド業務、回路交換を行います。

医療機器に関する研修

 近年の医療機器の進歩に伴い、院内の医療機器の増加、操作が複雑化しています。臨床工学部ではスタッフの知識、技術向上ため、定期的に医療機器の安全使用に関する研修を行っております。

医療ガス配管点検業務

 病院内で患者様が吸入する酸素ガスをはじめ多種の医療ガスが使用されています。これらを供給する設備、ガスボンベ等の保守点検を行っております。

スタッフ構成

臨床工学部主任 :山本 二朗
臨床工学部副主任:田儀 匡史
臨床工学部部員 :5名

認定資格

種別 人数
透析技術認定士 1名
呼吸療法認定士 1名
MDIC認定 1名
医療ガス保安管理技術者講習会
(3日コース)修了
1名
第2種ME技術実力検定 3名