産婦人科

 

診療科のご紹介

 女性のライフステージは女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌動態により、思春期、性成熟期、更年期、老年期の4つに分類されます。そしてそれぞれのステージには、このエストロゲンの変化に伴った特有の病気がみられます。
 当院ではすべてのステージでおこるこれら女性特有の疾患に対して最新・最善の治療を受けて頂けるよう、女性医師を含めた3名の専門医(常勤:男性1名,女性1名 非常勤(ドック健診センター担当):女性1名)により、日々努力をしております。
 また火、水、木曜日を手術日として十分な枠を確保しており、患者の要望に応えられるよう努めております。
 なお、周産期医療に関しましては平成26年より分娩の取り扱いを中止しておりますが、妊娠健診は引き続き行っております。

外来診療担当医

診療担当医表アイコン

主な疾患

・良性疾患 子宮(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮腺筋症、子宮内膜症)
卵巣(卵巣のう腫、チョコレート嚢胞など)
卵管(卵管留水症、卵管膿瘍、子宮外妊娠)
外陰(外陰腫瘍、バルトリン腺膿瘍など)
・悪性疾患 子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌の診断や検診
・骨盤臓器脱-子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤
・思春期疾患(無月経、性行為感染症)
・不妊症の相談・治療
・更年期症候群

診療実績

  平成27年度 平成28年度 平成29年度
手術件数 151 168 173
子宮全摘術(開腹) 28 17 30
腹腔鏡下手術 24 24 19
子宮鏡下手術 38 35 40
子宮脱手術(膣式) 42 43 38
子宮頚部円錐切除術 12 17 18

   

診療内容

内視鏡下手術

 子宮筋腫・子宮内膜ポリープや卵巣・卵管の良性疾患に対して、侵襲の少ない子宮鏡下手術(リゼクトスコピー)や腹腔鏡下手術を積極的に行い、仕事場への早期復帰を支援します。

骨盤臓器脱(POP)

 骨盤臓器脱は高齢化に伴い、増加傾向にありますが、「何か触れる」とか「おしっこがでにくい」などの症状でひとり悩んでおられる方が多いようです。ただこの病気は手術によって症状が劇的に改善する可能性が高く、その後の「生活の質」(QOL)も見違えるようによくなります。