特定健診のご案内

メタボリック症候群とは・・・?

メタボリックは「代謝」の意。過食や運動不足により内蔵脂肪が蓄積されると、生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病など)をいくつも併発しやすくなるといわれています。このような状態を「メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群、代謝症候群)」といいます。生活習慣病のリスクが重なるほど動脈硬化を進行させ、脳梗塞、心筋梗塞などを起こしやすくなるのです。特に、肥満、高血圧、高脂血、高血糖、すべてに見られるハイリスクの状態は、「死の四重奏」とも呼ばれています。

特定健診とは・・・?

  • 対象者
    医療保険に加入している被保険者(本人)・被扶養者(家族)
    (国保・全国健康保険協会・組合健保・共済組合)40歳から74歳までの全ての方が対象です。
  • 目的
    特定健診では、腹囲測定等の項目を加え、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)の該当者や予備軍の発見を重視し、生活習慣を見直していくことを目的としています。 
  • 基本的健診項目
    問診、診察、身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)、血圧測定、血液化学検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)、肝機能検査(AST・ALT・γ-GTP)、血糖検査(HbA1c)、尿検査(蛋白・糖)
  • 詳細な検査項目 ※1
    対象者のうち、医師の判断により受診しなければならない項目としては、貧血検査、心電図検査、眼底検査の3項目になります。
    ※1 医師の判断による追加項目       
    追加項目 実施できる条件(判断基準)
    貧血検査(ヘマトクリット値、血色素量および赤血球数の測定) 貧血の既往歴を有する者または視診等で貧血が疑われる者
    心電図検査(12誘導心電図)             眼底検査 前年度の特定健診診査の結果等において、血糖、脂質、血圧および肥満の全てについて、次の基準に該当した者
    血 糖 空腹時血糖値が100mg/dl以上、HbA1c
    脂 質 中性脂肪:150mg/dl以上、またはHDLコレステロール:40mg/dl未満
    血 圧 収縮期:130mmHg、または拡張期85mmHg以上
    肥 満 腹囲が85cm以上(男性)・90cm以上(女性)の者(内臓脂肪面積の測定ができる場合には、内臓脂肪面積が100c㎡以上)、または腹囲が85cm未満(男性)90cm未満(女性)の者でBMIが25以上の者

保健指導対象者の具体的な選定と断層化の方向

Step1

Step2

Step3

Step4

※保険者の判断により、動機付け支援、積極的支援の対象者以外の人に対しても保健指導を実施することができる。